七福蕎麦で会おう

自由を愛する自由人の音楽、小説といった創作やレトロゲームへの愛を綴るブログ。

【Amazonプライムミュージックで聴ける極上クラシック】ヤン・ヴァン・デル・ロースト

ヤン・ヴァン・デル・ローストはオランダ出身で現代の大吹奏楽作曲家として圧倒的な地位を確立している方です。

キャッチーでありながら強固なコンセプトや構成感を伴った音楽は多方面の愛好家から好まれる理由でありましょう。『スパルタクス』『カンタベリー・コラール』『アルセナール』は吹奏楽経験者なら誰もが知る名曲であり、膨大作品数もさることながら、今尚精力的に新作を発表し続けております。

 

そんなヤン・ヴァン・デル・ロースト(以下ロースト)の作品群がアマゾン・プライムミュージックで聴けたのでそれらを紹介してみます。吹奏楽関連のCDってアルバム価格のものが多いのでこうした形でも聴けるのは有難いものです。

 

 

Jan Van der Roost: Music for Wind Band

Jan Van der Roost: Music for Wind Band

 

 Naxosレーベルから。

実はNaxosの音源の殆どがプライム・ミュージックの対象になっており、マニアックで(玉石混淆ながら)高品質な音楽が聴き放題なのであります。これが私がプライムミュージックを重宝する一番の理由といっても過言ではありません。

この盤は日本のプロ吹奏楽団フィルハーモニック・ウィンズ大阪(通称オオサカン)と作曲者ローストによって録音されているもので、クオリティは折り紙付き。

曲目も『スパルタクス』『モンタニャールの歌』『シンフォニエッタ』と全て代表曲なので最初におすすめしたい録音です。 

 

Van der Roost: From Ancient Times - Sinfonia Hungarica

Van der Roost: From Ancient Times - Sinfonia Hungarica

 

 同じくNaxosから。

こちらも作曲者とオオサカンによる録音。こちらが第1弾として発売されたものだったりします。

前記のものに比べて内容がコアですがローストの近作『いにしえの時から』の金管楽器による超絶技巧の嵐は聴いていて爽快です。

この曲は何でもブラスバンド世界大会の課題曲として書かれたものを吹奏楽編成に作曲者本人が書き換えたもので難易度が高くかなりの技巧を要します。母国オランダのフランドル楽派の様式を現代的に踏襲しており、同じくオランダの偉大な楽器製作者アドルフ・サックスへのオマージュとして書かれています。

近年では日本の吹奏楽コンクールの自由曲として選ばれたりもしている模様。

シンフォニア・ハンガリカ』はいわゆる吹奏楽のための交響曲ハンガリー建国1000年の2001年に書かれた大作です。交響曲と言うよりは拡大された交響詩と言った趣でハンガリーの歴史を描いた一大絵巻であります。 

 

 

フラッシング・ウインズ

フラッシング・ウインズ

 

 作曲者と大阪市音楽団(現オオサカ・シオン・ウィンド・オーケストラ)とによる録音。

これはなかなかにマニアックな曲目が揃ったアルバムで、吹奏楽愛好家でも知らない曲が多いのではないかと思いますが全盛期の大阪市音による素晴らしい演奏が聴けます。

ケベック』『リクディム』『ダンツィ』といった民族音楽ベースの作品が多いのと、『カステラム』や表題作の『フラッシング・ウィンズ』のローストらしいブリリアントな音楽が聴きものの録音です。

  

Music for a Festive Occasion

Music for a Festive Occasion

  • アーティスト: Koninklijk HarmonieOrkest Schelle
  • 出版社/メーカー: Koninklijk HarmonieOrkest Schelle
  • 発売日: 2013/05/10
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 イヴォ・ハーデルマン指揮、ベルギーの聖セシリア吹奏楽団による演奏。

オムニバス形式のアルバムで、ローストの『カンタベリー・コラール』と『アルセナール』以外にもカーナウの『ユーフォニアムとバンドのための狂詩曲』や酒井格の『たなばた』なども収録されています。

ロースト目当てでなくとも、バリエーションの豊かな面白いアルバムです。

 

Hindemith & Van der Roost: Clarinet Concertos

Hindemith & Van der Roost: Clarinet Concertos

 

 これは吹奏楽ではなく管弦楽伴奏の『クラリネット協奏曲』世界初録音演奏。ヴァノオストハーゼのクラリネット技巧が聴きものの録音ですが、吹奏楽作品群に比べたら渋めの音楽で聴き手を選ぶかもしれません。しかしローストの作風の幅広さを知れる上、貴重管弦楽作品の録音であります。