七福蕎麦で会おう

自由を愛する自由人の音楽、小説といった創作やレトロゲームへの愛を綴るブログ。

現代音楽が苦手な人こそ武満徹を聴こう。

武満徹:管弦楽曲集

武満徹:管弦楽曲集

 

世界における最も有名な日本人作曲家というと武満徹の名前を上げない訳にはいきません。

『弦楽のためのレクイエム』がストラヴィンスキーの耳に入り、そこから世界的なキャリアがスタートする武満徹。その独特な音楽は武満サウンドと呼ばれ、一躍世界的な作曲家として認知されるようになります。

とはいうものの、正直武満徹の音楽はよく分からない……いや、よく分かりませんでした。

学生の時分にその知名度の高さと評価から何度か挑戦したものの、結局分からず仕舞いでした。それから8年ばかり経ち、つい最近その良さの片鱗を感じられるようになってきました。

それに対する気付きを記してみたいと思います。

 

 

武満徹の音楽は、現代音楽の枠内でありながら美しく、歌に溢れている。

 

音楽史の中で順繰り聴いていればが気付くのが早かったでしょうが、あらゆる時代の音楽が並存している現代ではそうもいきません。

シェーンベルクから始まった12音技法からベルク、ウェーベルンシュトックハウゼンブーレーズクセナキスメシアン等、同時代の現代音楽の中にあっても武満徹ほど豊潤で美しい現代音楽はありませんでした。

武満以後、その豊潤なサウンドにはオリバー・ナッセンジョン・ウィリアムズ、日本人作曲家でも多く影響を受け、現在では細川俊夫藤倉大らが挙げられます。

 

武満徹アレグロの激しい曲が書けなかった。

 

マーラーストラヴィンスキーショスタコーヴィチ他、同時代の20世紀の音楽は重たく激しいものが多く、かつそこに惹かれた愛好家も多いと思いますが、武満の音楽はそう言ったものが殆どありませんでした。

美しく歌があると言えども現代音楽、明確なメロディはなく激しい強烈な音響もない武満作品は前述のマーラーストラヴィンスキーショスタコーヴィチを愛好していた時分にはその良さが分からなかったのでした。

 

武満徹は実演を聴いてこそ面白さが分かる。

 

武満サウンドの面白さに気付く以前に『3つの映画音楽』と『系図』を実演で聴く機会があったのも大きかったです。この2曲は武満作品の中では比較的取っつき易いもので、私の理解に大きな助けとなりました。

現代音楽の複雑さは音だけ聴いているだけでは掴み辛いものがあります。しかし実演になり実際にオーケストラがどのように演奏しているか、視覚の情報が入るとまた面白さが変わってきます。 

更に言うと、現代音楽の複雑さを理解するのに情報量を如何に処理するかも聴き手側に課せられた問題だと思います。それをカバーするのが実演で聴くこと、その機会がない場合は良い音で、CDなら高音質で再生することをお勧めします。

 

武満徹は良い音で聴くべし。

 

美しく、歌に溢れた武満サウンドを楽しむ上で是非とも実践していただきたいのがこれです。

良い音で、静かな環境で聴くこと。

コンサートホールで聴く状況と近しいものがありますが、そこまで大仰である必要はありません。高音質の音源(CDや高容量のデータ)とヘッドホン、イヤホンがあればそれで大丈夫です。

その上で、静かな環境で聴くのが良いでしょう。人のいない静かな部屋や夜道を散歩しながらが個人的にはおすすめです(笑)

その音の流れにただ身を任せてる。それだけで武満サウンドの面白さが伝わるのではないかと思います。

 

是非試してみてネ。

 

武満徹:鳥は星形の庭に降りる/3つの映画音楽/精霊の庭/ソリチュード・ソノール 他

武満徹:鳥は星形の庭に降りる/3つの映画音楽/精霊の庭/ソリチュード・ソノール 他

 

 

 <iframe src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?o=9&p=294&l=ur1&category=primemusic&f=ifr&linkID=7764373d22410dc4cc951eae6af42dba&t=amadeusky-22&tracking_id=amadeusky-22" width="320" height="100" scrolling="no" border="0" marginwidth="0" style="border:none;" frameborder="0"></iframe>

秋の夜長にプライム・ミュージックで森山直太朗を聴こう。

酷暑も過ぎ去り、ほのかに秋風を感じるようになってきました。

 

 

私は基本的にアマゾンプライムミュージックではクラシックばかりを漁っていたのですが、調べてみると邦楽でも色々あるんですね。

 

そんな中で見つけた、(個人的に)秋の夜長に聴きたくなるシンガーソングライター、森山直太朗さんについて今回は書いてみたいと思います。

大好きなんです。

 

さくら(独唱)

さくら(独唱)

 

直太朗さんの音楽にはどこか気怠さがあります。『ムーミン』のスナフキンのような、どこか少し世間とは一線を画すような浮世感、脱力感、無気力さ、むしろ厭世的な所さえあります。これは殆どの作品で詞を提供している御徒町凧さんの功績でもありますが。そんな中から滲み出すメッセージ性に何とも言えない魅力を感じます。

 

森山直太朗と言えば2003年に大ヒットした『さくら(独唱)』が圧倒的に有名です。

この曲は森山直太朗ヒット作の系譜(『生きとし生けるものへ』や『夏の終わり』など)の音楽ではありますが、ここでは先に述べた少々気怠さのある直太朗さんの魅力も紹介したいと思います。

 

あらゆるものの真ん中で

あらゆるものの真ん中で

 

 発表当時、歌詞の一部だけ取り出されて批判を浴びた『生きてることがつらいなら』が収録されています。この曲をフルで聴く価値はもちろんですが、アルバムに収録されている各曲はワールドミュージックの影響も感じさせ、異国を旅する放浪者のような浮世感があります。

 

自由の限界

自由の限界

 

 このアルバム個人のおすすめは『よく虫が死んでいる』。ちょっと古風なロックのスタイルでいまいち意味の分からない詞をちょっと気だるげに歌うのがたまらない(笑)。

 

黄金の心

黄金の心

 

  なかなかにメッセージ性が強い曲が含まれています。特に『することないから』の軽妙洒脱で無気力な音楽に乗せて性と夢と戦争を惰性に歌う、この切り口を是非とも聴いていただきたい。

 

嗚呼

嗚呼

 

プライムミュージックで聴ける中では一番新しいアルバム。一時期活動を小休止し、そこで様々なものを得てから満を持して作り上げた曲達。原点回帰の部分も多分にあり、前述のヒット作の系譜に入る曲も多く初心者でも聴きやすいアルバムです。中でも『金色の空』は小休止中にいても立ってもいられずに作られた集大成とも言える曲ですよ。御徒町凧氏と共作の詞が染み込んでくる……。

 

 その他にもありますがプライムミュージックで現在(2018年9月) 聴けるアルバムは以上です。

因みに、私は一番最初のアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』が大好きなのですが残念なことにプライム対象外。

乾いた唄は魚の餌にちょうどいい

乾いた唄は魚の餌にちょうどいい

 

 僕の直太朗さんへのイメージはかなりの部分でこのアルバムから来ていたり。脱力・無気力・厭世的。『さくら(独唱)』も入っています。

 

2017年、一時期活動を休止していましたが、今では活動も再開し新しいアルバムも出しています。

 今年の8月に出たアルバム。プライムでは聴けませんが興味があったら森山直太朗の「現在」を聴いてみてください。

 

 

いらないものが多すぎる - 大原扁理、鶴見済の著書を読んで

なんて歌詞の曲がThe Blue Heartsの歌であった気がします。

 

会社に拘束される時間が日に日に増えてきてかつ給料は上がらない……そんなんで将来どうするよ、って時に読み漁っていたビジネス書や自己啓発本の中で非常に興味深かった2冊をご紹介します。

なるべく働きたくない人のためのお金の話

なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

  

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

基本的に、私は会社や組織に拘束されるのが嫌いな人間なのでこういった縛られない生き方というのにとても惹かれます。

 

ビジネス書や自己啓発本で多いのは「如何に稼ぐか」、「豊かになるために必要なマインド」を書いているものが多いのですが、この2冊は「如何にコンパクトに生きるか」、「そのための具体的な方法」を書くイデオロギー的には真逆のものとなっています。

 

大原扁理さんは20代半ばで都内の安アパートで年収90万、週休5日で「隠居」をしてハッピーライフを送っていた方です。(現在は台湾で隠居中だそうです。)

株やFXで大金を得てアーリーリタイア(隠居)するのは雲の上の話として聞き及びますが、大原さんのように低収入で隠居生活をする方の話は聞いたことがなく興味津々で読み耽りました。

低収入で生活するために身の回りを整理し、切りつめ、選別する様はストイックで最早修行僧の域ではありますが、社会に振り回されず自由な時間を生きる、この生き様は非常に憧れるものでもあります。

この本には大原さんご本人の一日の生活模様や倹約の方法、お金に対する持論が書かれておりいざ自分も、と思える本であります。……あと、気になる税金の話も載ってます(笑)

 

 

2冊目の鶴見済さんはデビュー作『完全自殺マニュアル』がベストセラーとなり一躍有名になった方です。

他にも『脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮らし』や『無気力製造工場』などありますが、この方の著書では「生きづらさを如何に克服するか」が一貫して、逆説的に書かれています。

この『0円で生きる』は過剰生産過剰消費の行き過ぎた資本主義に反抗して、如何にモノやお金を消費せずに生きるかがこちらもすごく具体的に書かれています。最低限の暮らしのためにどんな方法でお金を稼ぐかや無料で利用できる施設、自給自足の家庭菜園の作り方などなど。

現代の過剰な資本主義社会への疑問や今の世界のお金事情などを踏まえて書かれた脱資本主義とも言える強いイデオロギーを持った本ですが、非常に含蓄のある内容でこんな生き方も出来る、とためになる本です。

 

 

この二冊は共通して「今の息苦しい社会を別の視点から豊かにする」方法が書かれていますが、以前テレビで話題になっていた「ミニマリスト」に近い生き方でもあります。まさかミニマリストが過剰生産過剰消費へのアンチテーゼだとは思いも寄りませんでしたが……。

とは言え、これらのストイックな生き方全部をまねすることは難しいとは思います。そもそもこんな生き方望んでないぜって方の方が多そうですね。私自身、収集癖があるので究極的に切り詰めるのは難しいな、とも。

しかしここで一番重要なのは「自分がどう在りたいか」なので、これらの方法を自分の望む形に当てはめて修正、展開していくのが吉だと思います。大原さんも自身のハッピーライフのために試行錯誤した結果が今の「隠居」生活だと言っています。

私自身とても面白い生き方だと思ってますのでいつかは自分も「隠居」出来るよう試行錯誤したいと思います。

 

勿論実践はせずとも、会社への依存度が上がり抜け出せなくなってしまう前に、こんな考え方もあるんだと肩の荷を下ろす、それだけでも本書を読む価値はあると思いますよ。

 

 

お二方のブログはこちら、

大原扁理オフィシャルブログ「大原扁理のブログ」Powered by Ameba

tsurumi's text

 

 

押し入れの肥やしになるくらいのコレクションなら処分した方がいい。

コレクターにとってそのコレクションの量は自分がそれに対してどれだけ愛を注いだかが分かるものであり、人生を捧げた証とも言えるものです。

私自身クラシックCDのコレクターでかれこれ2000枚は所蔵しております。

しかし、コレクターには誰しも、いずれは訪れることになる所蔵スペースのキャパオーバー。

部屋を拡大するか、収納方法を変えるか、色々解決手段はありますが、

私は最近処分をした方がいいのではないかと思い始めるようになりました。

……いや、厳選するといった方がいいですね。

 

私の場合は収集を始めた高校生の頃に購入したCDなんかは(内容はともあれ)非常に思入れ深くてどこで買ったかなんてのも覚えているくらいのものと、単純に気に入っているものはそのままにしておきます。

そして聴かないだろうと思うものを改めてプレイヤーで再生し、最後の審判を下します。

そこから外れてしまったものは……お気の毒ですか……処分するようにしています。

 

選別したCDはの処分はヤフオクやメルカリ、CDの買取専門店(ディスクユニオンレコファン。よく利用させていただいています。)で売り払います。

クラシックやジャズみたいなコレクターやマニアが多いジャンルは何気ない盤でもレアだったりすることがあるので注意ですね。このジャンルだと利用者の年齢層の低いメルカリでは少々落札されにくいかもしれません。その点ヤフオクでは利用者の年齢層が高く、レアな盤なら買取専門店より高額で売れたりもしますが、最近では全体的に価格が低下してきていて思った額で売れなくなってきているみたいです。(Amazonの台頭が原因だとも聞きます。)

それにメルカリとヤフオクは出品の手間もあるので、よっぽどレアで高額で売れるものでなければ専門店に買取を依頼するのが一番手っ取り早いです。

 

そして、 押し入れに仕舞い込まれて長いこと聴いていないCDは早めに処分することを考えた方がいいかもしれません。

何故なら処分するにも状態が悪いと買取価格に響いてしまうからです。

 

高温多湿な日本では保管環境が整っていないと押し入れのような換気の悪い所に仕舞われているものは直ぐにカビを生やしたりシミになったりとダメージを受けてしまいます。書籍やレコードなんかもそうですね。

聴きそうにないものであれば、いい状態で処分を検討した方がいいですね。

 

 

処分と並行して私が実践しているのはCDのデータをパソコンに集約・管理をすることです。

処分する前にCDデータを取り込みアーカイヴを作っていつでもPC上で聴けるようにします。因みに私はウォークマン信者なので(笑)ソニーMedia Goを利用して管理しています。

(このアプリは現在提供が終了しており、代わりに「Music Center for PC」という新しいアプリが提供されています。)

勿論iTunesでも同じことが出来ます。

 

そしてそのデータを管理するにはPC内部のメモリーではなくHDDやSSDに保管しておきます。そうすることでデータ管理が容易になりかつPCをデータが圧迫することがなくなるからです。(因みに、CDプレーヤーよりもPCの方が読み取り性能が良いので音質が良いそうですよ……。)

 因みに、私の周りの好事家によればサムスンSSDの読み取り性能が良いそうです。

 

 

【Amazonプライムミュージックで聴ける極上クラシック】ブラームス:交響曲全集(ネルソンス/ボストン交響楽団)

Brahms: The Symphonies

Brahms: The Symphonies

 

ブラームス:交響曲第1番~4番 

 アンドリス・ネルソンス指揮/ボストン交響楽団

 

ボストン交響楽団の自主製作録音。

2016年11月にボストン・シンフォニー・ホールでライブ録音された比較的新しい全集です。こんなものまでプライム・ミュージックで聴けるとは……!

 

アンドリス・ネルソンスラトビア出身の指揮者で1978年生まれの若手ながらウィーン・フィルなど世界的なオーケストラと共演を果たし、2017年からは最古のオーケストラであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスターに就任しています。

ボストン交響楽団とは2014年から音楽監督を務めており、言わば手兵のオケ。最近ではショスタコーヴィチ交響曲集の録音をドイツ・グラモフォンから出していたりと精力的。 

ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番『1905年』

ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番『1905年』

 

個人的に気になっている若手指揮者の一人なのでワクワクしながら聴きました。
(他に気になっているのはバッティストーニ、ネゼ=セガンと川瀬賢太郎。閑話休題。)

 

さて、このブラームス交響曲全集ですが、恰幅良くどっしり構えた演奏となっています。テンポもゆっくり巨匠然とした解釈でとても安心感がありますが、アメリカ・オケであるボストン響の明るめな響きが巨匠的堅苦しさを軽減していてとても聴きやすく感じます。特に1番、4番はこの傾向が強く感じ、2,3番ではそれに加えて爽やかでさっぱりしています。

彼はゲンヴァントハウス管とブルックナー交響曲も録音しておりますが、これも悠然としたテンポ感で堂々たる演奏。ブラームスにもそれに共通したものを感じます。

堂々としていながら、渋面さを抑えた現代のブラームス演奏とでも言いましょうか、初めてブラームス交響曲全集に触れるのにもいいチョイスかもしれません。

  

「会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。」を読んで居ても立ってもいられなくなったので書いてみた。

職場がでかい本屋の近くにあるので昼休憩の時間にはよく立ち読みをするようになりました。……勿論気に入ったものは買っていますよ(笑)

そこで今回出会ったのがこれです。

 

 実はまだ読み終えていないのですが、これまで形にならなかった感情が言葉を纏い沸々と湧き上がってきたのでブログにしたためてみようと思いました。

 

著書の青野慶久さんはサイボウズ株式会社というソフトウェア開発会社の設立者であり現在代表取締役の実業家。

タイトルに惹かれてこの本を手に取ったためそれまで全く存じない方でした。

サイボウズ株式会社を立ち上げた時期は典型的なブラック企業離職率も高く、業績も低迷していたそう。そんな会社の在り方を分析し、働き方を変えていった結果からの気付きが書かれています。

 

この本の表題にかかれている「モンスター」は何かを説明する時にまず 「会社とは何か。誰のためにあるのか。誰が会社を動かしているのか。」を明確にせねばなりません。

会社(本書ではあえて「カイシャ」と表記しています)とは、場所でも特定の人でもありません。ある理念の下に集った集合体ではあるのですが、会社に特定できる個はありません。

しかし社会のシステム上、そのビジネスで得たお金は会社に集まり、そこから分配されます。個のない会社にお金が貯まります。

そして個のない会社からお金を引き出し用途を規定するのは、社長……ではなく、これまた社会のシステム、会社法で規定された代表取締役。 

代表取締役ブラック企業の諸悪の根元、というわけではありません。

ですが、これまでの日本の会社の雇用形態や制度がその役職を堕落させる土壌を育んでおり、かつ理念の下に設立された筈の会社は徐々にその理念を忘れ(或いは達成された先を見据えることが出来ず)金儲けばかりを考えてしまうことになる。結果、お金は代表取締役(この役職は自分で好きに給料を決められるそう)の下に集まり社員はそれを肥やす働き蟻に……と、概要はこういった感じです。

 

不況だ人材不足だアベノミクスだなんだと言われていますが、問題なのはあらゆる既成のシステムが特定の利益のために更新されなくなってしまったこと、それを助長させたのがこれまでの制度、「終身雇用」と「年功序列」にあるのかなぁと思ったわけです。

 

とは言え、現在のシステムも微々ながら確実に破綻し始めているように思います。生き残るためには、破滅を回避するにはやはり変革が必要であり、サイボウズで実践された働き方改革の例がこの本に書かれています。

 

組織嫌いな私ですが、この本を読んでどうして組織はそうなってしまうのかの一端に触れられ、言語化された事象の数々に溜飲の下がる心地であります。

 

個々の経営者が青野さんの様なマインドを持てたら会社員の未来は明るくなるのだろうか……とか思いつつ、次に頁を走らせるのでした……。

【今日の一枚】ツェムリンスキー:叙情交響曲/交響的歌曲(シャイー/コンセルトヘボウ)

ツェムリンスキー:抒情交響曲

アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー
・叙情交響曲 op.18
 アレクサンドラ・マルク(S)
 ホーカン・ハーゲゴード(Br)

・交響的歌曲 op.20
 ウィラード・ホワイト(B)


 リッカルド・シャイー/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

 

私がこの曲に出会ったのは高校2年の秋~冬頃。当時私は吹奏楽部で、ひょんな事からストラヴィンスキーにハマりクラシック気違いの一歩を踏み出し始めた時期でした(笑)

出たばかりのラトル/ベルリン・フィルストラヴィンスキー交響曲集を聴いてて「詩編交響曲」にハマっていた時期に恩師が「叙情交響曲も面白いぞ。」とマゼール/ベルリン・フィルのCDを借して貰ったことがきっかけでした。(その恩師にはその後、アミーロフやらエシュパイ、ヴラディゲロフといった旧ソ連マニアック作曲家を教えてもらうこととなるのでした……今思うと自分がクラオタになる土壌はここにあったのだなぁと(笑))

そんな経緯がありながらも、正直最初に聴いた時はよく分からずその後大学生になり色々なCDを収集し始めたから良さが分かった口であります。

 

閑話休題

 

ツェムリンスキーはウィーン生まれのポーランドユダヤ人の作曲家。リヒャルト・シュトラウスマーラーの影響下に作品を書いており、この「叙情交響曲」はマーラーの「大地の歌」を彷彿とさせ、多々関連性があります。

どちらも交響曲の形式を取りながら男女の声楽ソリストを用いた管弦楽伴奏歌曲の体を取っており、マーラーが中国詩集のドイツ語訳「葦の笛」を使ってるのに対し、ツェムリンスキーはインドの詩人ランビナート・タゴールの詩集「園丁」を使っています。どちらも非西洋の詩で東洋主義の影響下にあった20世紀初頭の伝統から革新への過渡期である当時のウィーン楽壇を反映しています。

東洋的で噎せ返るほど濃厚な音楽に巧みなオーケストレーションがひかる、。ツェムリンスキーの代表作であります。

 

そしてこの盤もう一つの目玉「交響的歌曲」。この曲は「アフリカは歌う」というアフリカの黒人詩人による詩のドイツ語訳詩集を使用した歌曲で、先に紹介した曲と同様に非西洋の再発見から生まれた背景を持っています。

「交響的」の名の通りツェムリンスキーの巧みなオーケストレーションによるダイナミックな音楽が堪能できる秘曲であります。

「叙情交響曲」は他にもマゼール、ギーレン、シノーポリ等の録音がありますが「交響的歌曲」はいかんせん録音が少ない珍しい曲なのです……。先に閑話休題で書いたマゼール盤を差し置いてこの盤を紹介した理由はこの曲のためであったりもするくらい、秘曲にしておくには勿体無い。、オススメの作品です。