七福蕎麦で会おう

自由を愛する自由人の音楽、小説といった創作やレトロゲームへの愛を綴るブログ。

押し入れの肥やしになるくらいのコレクションなら処分した方がいい。

コレクターにとってそのコレクションの量は自分がそれに対してどれだけ愛を注いだかが分かるものであり、人生を捧げた証とも言えるものです。

私自身クラシックCDのコレクターでかれこれ2000枚は所蔵しております。

しかし、コレクターには誰しも、いずれは訪れることになる所蔵スペースのキャパオーバー。

部屋を拡大するか、収納方法を変えるか、色々解決手段はありますが、

私は最近処分をした方がいいのではないかと思い始めるようになりました。

……いや、厳選するといった方がいいですね。

 

私の場合は収集を始めた高校生の頃に購入したCDなんかは(内容はともあれ)非常に思入れ深くてどこで買ったかなんてのも覚えているくらいのものと、単純に気に入っているものはそのままにしておきます。

そして聴かないだろうと思うものを改めてプレイヤーで再生し、最後の審判を下します。

そこから外れてしまったものは……お気の毒ですか……処分するようにしています。

 

選別したCDはの処分はヤフオクやメルカリ、CDの買取専門店(ディスクユニオンレコファン。よく利用させていただいています。)で売り払います。

クラシックやジャズみたいなコレクターやマニアが多いジャンルは何気ない盤でもレアだったりすることがあるので注意ですね。このジャンルだと利用者の年齢層の低いメルカリでは少々落札されにくいかもしれません。その点ヤフオクでは利用者の年齢層が高く、レアな盤なら買取専門店より高額で売れたりもしますが、最近では全体的に価格が低下してきていて思った額で売れなくなってきているみたいです。(Amazonの台頭が原因だとも聞きます。)

それにメルカリとヤフオクは出品の手間もあるので、よっぽどレアで高額で売れるものでなければ専門店に買取を依頼するのが一番手っ取り早いです。

 

そして、 押し入れに仕舞い込まれて長いこと聴いていないCDは早めに処分することを考えた方がいいかもしれません。

何故なら処分するにも状態が悪いと買取価格に響いてしまうからです。

 

高温多湿な日本では保管環境が整っていないと押し入れのような換気の悪い所に仕舞われているものは直ぐにカビを生やしたりシミになったりとダメージを受けてしまいます。書籍やレコードなんかもそうですね。

聴きそうにないものであれば、いい状態で処分を検討した方がいいですね。

 

 

処分と並行して私が実践しているのはCDのデータをパソコンに集約・管理をすることです。

処分する前にCDデータを取り込みアーカイヴを作っていつでもPC上で聴けるようにします。因みに私はウォークマン信者なので(笑)ソニーMedia Goを利用して管理しています。

(このアプリは現在提供が終了しており、代わりに「Music Center for PC」という新しいアプリが提供されています。)

勿論iTunesでも同じことが出来ます。

 

そしてそのデータを管理するにはPC内部のメモリーではなくHDDやSSDに保管しておきます。そうすることでデータ管理が容易になりかつPCをデータが圧迫することがなくなるからです。(因みに、CDプレーヤーよりもPCの方が読み取り性能が良いので音質が良いそうですよ……。)

 因みに、私の周りの好事家によればサムスンSSDの読み取り性能が良いそうです。

 

 

【Amazonプライムミュージックで聴ける極上クラシック】ブラームス:交響曲全集(ネルソンス/ボストン交響楽団)

Brahms: The Symphonies

Brahms: The Symphonies

 

ブラームス:交響曲第1番~4番 

 アンドリス・ネルソンス指揮/ボストン交響楽団

 

ボストン交響楽団の自主製作録音。

2016年11月にボストン・シンフォニー・ホールでライブ録音された比較的新しい全集です。こんなものまでプライム・ミュージックで聴けるとは……!

 

アンドリス・ネルソンスラトビア出身の指揮者で1978年生まれの若手ながらウィーン・フィルなど世界的なオーケストラと共演を果たし、2017年からは最古のオーケストラであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスターに就任しています。

ボストン交響楽団とは2014年から音楽監督を務めており、言わば手兵のオケ。最近ではショスタコーヴィチ交響曲集の録音をドイツ・グラモフォンから出していたりと精力的。 

ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番『1905年』

ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番『1905年』

 

個人的に気になっている若手指揮者の一人なのでワクワクしながら聴きました。
(他に気になっているのはバッティストーニ、ネゼ=セガンと川瀬賢太郎。閑話休題。)

 

さて、このブラームス交響曲全集ですが、恰幅良くどっしり構えた演奏となっています。テンポもゆっくり巨匠然とした解釈でとても安心感がありますが、アメリカ・オケであるボストン響の明るめな響きが巨匠的堅苦しさを軽減していてとても聴きやすく感じます。特に1番、4番はこの傾向が強く感じ、2,3番ではそれに加えて爽やかでさっぱりしています。

彼はゲンヴァントハウス管とブルックナー交響曲も録音しておりますが、これも悠然としたテンポ感で堂々たる演奏。ブラームスにもそれに共通したものを感じます。

堂々としていながら、渋面さを抑えた現代のブラームス演奏とでも言いましょうか、初めてブラームス交響曲全集に触れるのにもいいチョイスかもしれません。

「会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。」を読んで居ても立ってもいられなくなったので書いてみた。

職場がでかい本屋の近くにあるので昼休憩の時間にはよく立ち読みをするようになりました。……勿論気に入ったものは買っていますよ(笑)

そこで今回出会ったのがこれです。

 

 実はまだ読み終えていないのですが、これまで形にならなかった感情が言葉を纏い沸々と湧き上がってきたのでブログにしたためてみようと思いました。

 

著書の青野慶久さんはサイボウズ株式会社というソフトウェア開発会社の設立者であり現在代表取締役の実業家。

タイトルに惹かれてこの本を手に取ったためそれまで全く存じない方でした。

サイボウズ株式会社を立ち上げた時期は典型的なブラック企業離職率も高く、業績も低迷していたそう。そんな会社の在り方を分析し、働き方を変えていった結果からの気付きが書かれています。

 

この本の表題にかかれている「モンスター」は何かを説明する時にまず 「会社とは何か。誰のためにあるのか。誰が会社を動かしているのか。」を明確にせねばなりません。

会社(本書ではあえて「カイシャ」と表記しています)とは、場所でも特定の人でもありません。ある理念の下に集った集合体ではあるのですが、会社に特定できる個はありません。

しかし社会のシステム上、そのビジネスで得たお金は会社に集まり、そこから分配されます。個のない会社にお金が貯まります。

そして個のない会社からお金を引き出し用途を規定するのは、社長……ではなく、これまた社会のシステム、会社法で規定された代表取締役。 

代表取締役ブラック企業の諸悪の根元、というわけではありません。

ですが、これまでの日本の会社の雇用形態や制度がその役職を堕落させる土壌を育んでおり、かつ理念の下に設立された筈の会社は徐々にその理念を忘れ(或いは達成された先を見据えることが出来ず)金儲けばかりを考えてしまうことになる。結果、お金は代表取締役(この役職は自分で好きに給料を決められるそう)の下に集まり社員はそれを肥やす働き蟻に……と、概要はこういった感じです。

 

不況だ人材不足だアベノミクスだなんだと言われていますが、問題なのはあらゆる既成のシステムが特定の利益のために更新されなくなってしまったこと、それを助長させたのがこれまでの制度、「終身雇用」と「年功序列」にあるのかなぁと思ったわけです。

 

とは言え、現在のシステムも微々ながら確実に破綻し始めているように思います。生き残るためには、破滅を回避するにはやはり変革が必要であり、サイボウズで実践された働き方改革の例がこの本に書かれています。

 

組織嫌いな私ですが、この本を読んでどうして組織はそうなってしまうのかの一端に触れられ、言語化された事象の数々に溜飲の下がる心地であります。

 

個々の経営者が青野さんの様なマインドを持てたら会社員の未来は明るくなるのだろうか……とか思いつつ、次に頁を走らせるのでした……。

【今日の一枚】ツェムリンスキー:叙情交響曲/交響的歌曲(シャイー/コンセルトヘボウ)

ツェムリンスキー:抒情交響曲

アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー
・叙情交響曲 op.18
 アレクサンドラ・マルク(S)
 ホーカン・ハーゲゴード(Br)

・交響的歌曲 op.20
 ウィラード・ホワイト(B)


 リッカルド・シャイー/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

 

私がこの曲に出会ったのは高校2年の秋~冬頃。当時私は吹奏楽部で、ひょんな事からストラヴィンスキーにハマりクラシック気違いの一歩を踏み出し始めた時期でした(笑)

出たばかりのラトル/ベルリン・フィルストラヴィンスキー交響曲集を聴いてて「詩編交響曲」にハマっていた時期に恩師が「叙情交響曲も面白いぞ。」とマゼール/ベルリン・フィルのCDを借して貰ったことがきっかけでした。(その恩師にはその後、アミーロフやらエシュパイ、ヴラディゲロフといった旧ソ連マニアック作曲家を教えてもらうこととなるのでした……今思うと自分がクラオタになる土壌はここにあったのだなぁと(笑))

そんな経緯がありながらも、正直最初に聴いた時はよく分からずその後大学生になり色々なCDを収集し始めたから良さが分かった口であります。

 

閑話休題

 

ツェムリンスキーはウィーン生まれのポーランドユダヤ人の作曲家。リヒャルト・シュトラウスマーラーの影響下に作品を書いており、この「叙情交響曲」はマーラーの「大地の歌」を彷彿とさせ、多々関連性があります。

どちらも交響曲の形式を取りながら男女の声楽ソリストを用いた管弦楽伴奏歌曲の体を取っており、マーラーが中国詩集のドイツ語訳「葦の笛」を使ってるのに対し、ツェムリンスキーはインドの詩人ランビナート・タゴールの詩集「園丁」を使っています。どちらも非西洋の詩で東洋主義の影響下にあった20世紀初頭の伝統から革新への過渡期である当時のウィーン楽壇を反映しています。

東洋的で噎せ返るほど濃厚な音楽に巧みなオーケストレーションがひかる、。ツェムリンスキーの代表作であります。

 

そしてこの盤もう一つの目玉「交響的歌曲」。この曲は「アフリカは歌う」というアフリカの黒人詩人による詩のドイツ語訳詩集を使用した歌曲で、先に紹介した曲と同様に非西洋の再発見から生まれた背景を持っています。

「交響的」の名の通りツェムリンスキーの巧みなオーケストレーションによるダイナミックな音楽が堪能できる秘曲であります。

「叙情交響曲」は他にもマゼール、ギーレン、シノーポリ等の録音がありますが「交響的歌曲」はいかんせん録音が少ない珍しい曲なのです……。先に閑話休題で書いたマゼール盤を差し置いてこの盤を紹介した理由はこの曲のためであったりもするくらい、秘曲にしておくには勿体無い。、オススメの作品です。

好きなことを仕事に、の前に考えておけば良かったこと

好きを仕事に、よく転職や幸せになるための方法で掲げられる合言葉であります。確かに「好き」が仕事になった人、仕事に人生を乗せることの出来た人はとても生き生きして見えます。
私もその口で趣味であった音楽に関連する仕事に就いたのですが、これが誤算だったわけで……。
いや、誤算というよりは「その分野に関われるのなら何でもいい」と分析を怠った結果なのですが。


一口に仕事と言っても色々あるわけで、例えば音楽業界だけでも、

アーティスト・作曲家、アーティストのマネージャー、コンサートの企画、会場運営スタッフ、CD小売り、楽器屋、リペア、音楽評論などなど……。

それぞれが全く違うスキルなワケで同一業界と言えど全く異なるわけです。

必要なスキル以上に業種の気質にも大分差があります。
職人気質だったりチームワークを大事にするところだったり、中には忖度ずぶずぶな拝金主義だったり(笑)
当たり前と言えば当たり前なんですがこればかりは入ってからでなければ分からないところでもあります。

僕の場合は見事にその業種に対する適正がなかったわけです……。
(何かは具体的に言及は致しませんが。)
合わないが故に何度となく辞職を考えてはいるのですが、将来の展望から(主に金銭的な面で)辞められず……そこが解決されたら辞めちゃうだろうけど。

とは言え、今この仕事をして得た知見や気付きも沢山あるので一概に合わない=悪とも言い切れません。
この仕事に就いて色々な価値観を知れましたし色々な人に出会いました。良くして下さる方もいらっしゃいますし、好きな音楽に関する知識も深まってより楽しめるようにもなりました。
それでもやっぱり仕事や業界への不適正と自分がそこにいるという違物感が拭えず、重苦しい、不吉な黒い塊が常に襲ってくる訳です。


改めて感じるのは自分の適性を理解すること、自分が将来的にどこへ辿り着きたいかのビジョンを持つことが大切だと思います。
そこを見直してこの業界で何ができるか、或いは独立して新しいことを始めるか、はたまた全く関係のない、性に合った職を探すかは自由なわけです。
再分析と考察、そして知識のインプットによってそれらを円滑に進める事ができるのではないかと。
私は今がその転機なのだと感じています。

とは言え私は一体どこへ辿り着きたいのやら……。


f:id:kirin-capriccio:20180611182702j:plain
おまけの近所の猫さん。嗚呼、こんな風に生きたい……。

【今日の一枚】レスピーギ:ローマ三部作(スヴェトラーノフ/スウェーデン放送響)

レスピーギ:「ローマ三部作」(交響詩「ローマの噴水」、交響詩「ローマの祭り」、交響詩「ローマの松」) スヴェトラーノフ指揮スウェーデン放送響1999
レスピーギ:ローマ三部作
・ローマの噴水
・ローマの祭
・ローマの松
エフゲニー・スヴェトラーノフ/スウェーデン放送交響楽団


ロシアの巨匠、スヴェトラーノフレスピーギと言えば1980年の手兵ソビエト国立響との圧倒的な爆演(爆演以外になんと言えるだろうか?)が有名ですが、ここで紹介するのは1999年にスウェーデン放送響を客演した際のライブ録音。
ソビエトが崩壊して各地のオケを客演していたスヴェトラーノフですが、特に相性が良かったのがスウェーデン放送響。ショスタコーヴィチの『レニングラード』もロシアオケもかくやと言わんばかりの凄演でした。この『ローマ三部作』もオケの性能とスヴェトラーノフの指示が行き渡った壮絶な演奏です。

『ローマの噴水』第1楽章からたっぷりな演奏で流してしまいそうなパッセージもたっぷり踏みしねるように演奏。しかしここでロシアオケにはない繊細な表現も聴けるのがこのコンビの化学反応的な面白さです。盛り上がるところスヴェトラ節が効いてます。
『ローマの祭』も一音一音たっぷりと、おどろおどろしい雰囲気。「主顕祭」、ソビエト国立響ではテンション上がりすぎて外してしまったトランペットソロもきっちり当ててます(笑)どんちゃん騒ぎの打楽器と狂乱するオケの手綱をきっちり締め、ただならぬ勢いでフィナーレへ向かいます。
『ローマの松』はなんと言っても「アッピア街道の松」。最後の一音は通常の演奏の何倍もの長さで引き伸ばしています。終演のブラボーも頷ける演奏です。圧巻。

スウェーデン放送響は技術力の高さもですが、スヴェトラーノフの解釈に追随出来るパワーも兼ね備えている北欧随一のオーケストラだと感じました。
かなり癖の強い演奏のため万人におすすめできるタイプではありませんが、圧倒的な『ローマ三部作』を聴いてみたい方は一聴あれ。

【今日の1枚】ジョン・マッキー:ワイン・ダーク・シー他

 

Various: Wine Dark Sea

Wine Dark Sea

・ダン・ウェルチャー:スプマンテ

・ドナルド・グランザム:ジェ・エテ・オ・バル

・フランク・ティケリ:クラリネット協奏曲(Solo:ネイサン・ウィリアムズ)

・ジョン・マッキー:吹奏楽のための交響曲「ワイン・ダーク・シー」(世界初録音)

 

ジェリー・ジャンキン指揮/テキサス大学ウィンド・アンサンブル

 

 

 Reference Recordingsから出ている吹奏楽作品集。このレーベルは高音質録音で有名で好きなレーベルの一つです。マスランカの交響曲なども出していますが、吹奏楽CDを出すことは稀、しかしいずれもハイクオリティな盤となっています。

 

一曲目の『スプマンテ』は1998年にボストン・ポップス・オーケストラ50周年記念の委嘱作として登場し、後にウェルチャーの弟子であり友人のポール・ビッセルによって吹奏楽編成に編曲されました。

スプマンテスパークリング・ワインの一種で、題の通り溌溂とした小品となっています。

 

2曲目『J'ai ete au Bal(ジェ・エテ・オ・バル)』はフランス語で「踊りに行こう」という意味で、ケイジャン(アメリカに入植したフランス系)舞曲やニューオリンズのビックバンド風のジャズをベースにした楽しい一曲。

グランザムは「スターリー・クラウン」や「バムズ・ラッシュ」然り、魅力的なジャズ風作品が多いですね。

 

ティケリの『クラリネット協奏曲』は各楽章にアメリカを代表する作曲家の名を冠しておりそれぞれのオマージュとなる作品になっています。

第1楽章は「ジョージのためのラプソディー」はジョージ・ガーシュウィン。冒頭のクラリネット・ソロは聴いての通り『ラプソディー・イン・ブルー』のトリルとグリュッサンド。

第2楽章はアーロン・コープランドをオマージュした「アーロンのための歌」。この曲白眉の楽章で最も作曲家の様式を踏襲しており、コープランド得意の夜明けの遠鳴りのようなアダージョを見事に再現しています。コープランドの『クラリネット協奏曲』第1楽章も思い返されます。

そして第3楽章「レニーのリフ」。レニーの愛称でお馴染み、アメリカ史上最大の指揮者で作曲家のレナード・バーンスタインをオマージュ。バーンスタインクラリネット・ソロと言えば『プレリュード、フーガ&リフ』が思い起こされますが正にそこからの踏襲でジャズ色の強い楽章。

 

この盤のメイン、ジョン・マッキーの『吹奏楽のための交響曲「ワイン・ダーク・シー」』は3楽章形式の30分ほどの(吹奏楽作品としては)大規模な作品。

アメリカの若手吹奏楽作曲界で一番の注目株であり私も大好きな作曲家。古典様式や吹奏楽らしさを維持しつつも革新的かつオリジナリティの高い作品を多く残しており、これからもまだまだ沢山の傑作を残してくれることでしょう。

この作品の副題「ワイン・ダーク・シー」はホメロス叙事詩オデュッセイア」の中に形容辞「葡萄酒色の海」から取られています。しかしこの言葉の詳しい意味は不明だとか。(戦争によって血に染まった海、或いは古代ギリシャの葡萄酒は海の色だったとも、諸説あり。)

第1楽章「傲慢」は一応ソナタ形式。ファンファーレからのオデュッセウスの旅路の困難を描いた音楽になりマッキー得意の変拍子の応酬が白眉。そして第2楽章へつながる静寂のコーダ……。

第2楽章「儚い永遠の糸」はオデュッセウスを愛した海の女神、カリュプソ―の愛と悲しみの音楽。とても美しい、管楽アンサンブル屈指のアダージョではなかろうか。

第3楽章「魂の叫び」。導入は第2楽章からのエコー。そして再びオデュッセウスの苛烈な冒険の音楽。巨人と戦ったり、ゼウスの怒りにふれ船を沈められたり……最後に第1楽章の第1主題が再現される。

標題音楽であり各楽章にベースとなる物語はあるものの描写音楽ではなく、形式的な部分もある新古典的な音楽であります。神話題材の交響曲と言うとアッペルモントの「ギルガメッシュ」を思い出しますがこの曲は交響詩の延長といった方がしっくりきますね

近年では吹奏楽コンクールでもこの曲が演奏される機会が多いみたいですが時間の制約上カットは必然でなので、こういった各楽章に関連性のある曲はやはり全曲一気に聴きたいですね。