七福蕎麦で会おう

自由を愛する自由人の音楽、小説といった創作やレトロゲームへの愛を綴るブログ。

好きなことを仕事に、の前に考えておけば良かったこと

好きを仕事に、よく転職や幸せになるための方法で掲げられる合言葉であります。確かに「好き」が仕事になった人、仕事に人生を乗せることの出来た人はとても生き生きして見えます。
私もその口で趣味であった音楽に関連する仕事に就いたのですが、これが誤算だったわけで……。
いや、誤算というよりは「その分野に関われるのなら何でもいい」と分析を怠った結果なのですが。


一口に仕事と言っても色々あるわけで、例えば音楽業界だけでも、

アーティスト・作曲家、アーティストのマネージャー、コンサートの企画、会場運営スタッフ、CD小売り、楽器屋、リペア、音楽評論などなど……。

それぞれが全く違うスキルなワケで同一業界と言えど全く異なるわけです。

必要なスキル以上に業種の気質にも大分差があります。
職人気質だったりチームワークを大事にするところだったり、中には忖度ずぶずぶな拝金主義だったり(笑)
当たり前と言えば当たり前なんですがこればかりは入ってからでなければ分からないところでもあります。

僕の場合は見事にその業種に対する適正がなかったわけです……。
(何かは具体的に言及は致しませんが。)
合わないが故に何度となく辞職を考えてはいるのですが、将来の展望から(主に金銭的な面で)辞められず……そこが解決されたら辞めちゃうだろうけど。

とは言え、今この仕事をして得た知見や気付きも沢山あるので一概に合わない=悪とも言い切れません。
この仕事に就いて色々な価値観を知れましたし色々な人に出会いました。良くして下さる方もいらっしゃいますし、好きな音楽に関する知識も深まってより楽しめるようにもなりました。
それでもやっぱり仕事や業界への不適正と自分がそこにいるという違物感が拭えず、重苦しい、不吉な黒い塊が常に襲ってくる訳です。


改めて感じるのは自分の適性を理解すること、自分が将来的にどこへ辿り着きたいかのビジョンを持つことが大切だと思います。
そこを見直してこの業界で何ができるか、或いは独立して新しいことを始めるか、はたまた全く関係のない、性に合った職を探すかは自由なわけです。
再分析と考察、そして知識のインプットによってそれらを円滑に進める事ができるのではないかと。
私は今がその転機なのだと感じています。

とは言え私は一体どこへ辿り着きたいのやら……。


f:id:kirin-capriccio:20180611182702j:plain
おまけの近所の猫さん。嗚呼、こんな風に生きたい……。

【今日の一枚】レスピーギ:ローマ三部作(スヴェトラーノフ/スウェーデン放送響)

レスピーギ:「ローマ三部作」(交響詩「ローマの噴水」、交響詩「ローマの祭り」、交響詩「ローマの松」) スヴェトラーノフ指揮スウェーデン放送響1999
レスピーギ:ローマ三部作
・ローマの噴水
・ローマの祭
・ローマの松
エフゲニー・スヴェトラーノフ/スウェーデン放送交響楽団


ロシアの巨匠、スヴェトラーノフレスピーギと言えば1980年の手兵ソビエト国立響との圧倒的な爆演(爆演以外になんと言えるだろうか?)が有名ですが、ここで紹介するのは1999年にスウェーデン放送響を客演した際のライブ録音。
ソビエトが崩壊して各地のオケを客演していたスヴェトラーノフですが、特に相性が良かったのがスウェーデン放送響。ショスタコーヴィチの『レニングラード』もロシアオケもかくやと言わんばかりの凄演でした。この『ローマ三部作』もオケの性能とスヴェトラーノフの指示が行き渡った壮絶な演奏です。

『ローマの噴水』第1楽章からたっぷりな演奏で流してしまいそうなパッセージもたっぷり踏みしねるように演奏。しかしここでロシアオケにはない繊細な表現も聴けるのがこのコンビの化学反応的な面白さです。盛り上がるところスヴェトラ節が効いてます。
『ローマの祭』も一音一音たっぷりと、おどろおどろしい雰囲気。「主顕祭」、ソビエト国立響ではテンション上がりすぎて外してしまったトランペットソロもきっちり当ててます(笑)どんちゃん騒ぎの打楽器と狂乱するオケの手綱をきっちり締め、ただならぬ勢いでフィナーレへ向かいます。
『ローマの松』はなんと言っても「アッピア街道の松」。最後の一音は通常の演奏の何倍もの長さで引き伸ばしています。終演のブラボーも頷ける演奏です。圧巻。

スウェーデン放送響は技術力の高さもですが、スヴェトラーノフの解釈に追随出来るパワーも兼ね備えている北欧随一のオーケストラだと感じました。
かなり癖の強い演奏のため万人におすすめできるタイプではありませんが、圧倒的な『ローマ三部作』を聴いてみたい方は一聴あれ。

【今日の1枚】ジョン・マッキー:ワイン・ダーク・シー他

 

Various: Wine Dark Sea

Wine Dark Sea

・ダン・ウェルチャー:スプマンテ

・ドナルド・グランザム:ジェ・エテ・オ・バル

・フランク・ティケリ:クラリネット協奏曲(Solo:ネイサン・ウィリアムズ)

・ジョン・マッキー:吹奏楽のための交響曲「ワイン・ダーク・シー」(世界初録音)

 

ジェリー・ジャンキン指揮/テキサス大学ウィンド・アンサンブル

 

 

 Reference Recordingsから出ている吹奏楽作品集。このレーベルは高音質録音で有名で好きなレーベルの一つです。マスランカの交響曲なども出していますが、吹奏楽CDを出すことは稀、しかしいずれもハイクオリティな盤となっています。

 

一曲目の『スプマンテ』は1998年にボストン・ポップス・オーケストラ50周年記念の委嘱作として登場し、後にウェルチャーの弟子であり友人のポール・ビッセルによって吹奏楽編成に編曲されました。

スプマンテスパークリング・ワインの一種で、題の通り溌溂とした小品となっています。

 

2曲目『J'ai ete au Bal(ジェ・エテ・オ・バル)』はフランス語で「踊りに行こう」という意味で、ケイジャン(アメリカに入植したフランス系)舞曲やニューオリンズのビックバンド風のジャズをベースにした楽しい一曲。

グランザムは「スターリー・クラウン」や「バムズ・ラッシュ」然り、魅力的なジャズ風作品が多いですね。

 

ティケリの『クラリネット協奏曲』は各楽章にアメリカを代表する作曲家の名を冠しておりそれぞれのオマージュとなる作品になっています。

第1楽章は「ジョージのためのラプソディー」はジョージ・ガーシュウィン。冒頭のクラリネット・ソロは聴いての通り『ラプソディー・イン・ブルー』のトリルとグリュッサンド。

第2楽章はアーロン・コープランドをオマージュした「アーロンのための歌」。この曲白眉の楽章で最も作曲家の様式を踏襲しており、コープランド得意の夜明けの遠鳴りのようなアダージョを見事に再現しています。コープランドの『クラリネット協奏曲』第1楽章も思い返されます。

そして第3楽章「レニーのリフ」。レニーの愛称でお馴染み、アメリカ史上最大の指揮者で作曲家のレナード・バーンスタインをオマージュ。バーンスタインクラリネット・ソロと言えば『プレリュード、フーガ&リフ』が思い起こされますが正にそこからの踏襲でジャズ色の強い楽章。

 

この盤のメイン、ジョン・マッキーの『吹奏楽のための交響曲「ワイン・ダーク・シー」』は3楽章形式の30分ほどの(吹奏楽作品としては)大規模な作品。

アメリカの若手吹奏楽作曲界で一番の注目株であり私も大好きな作曲家。古典様式や吹奏楽らしさを維持しつつも革新的かつオリジナリティの高い作品を多く残しており、これからもまだまだ沢山の傑作を残してくれることでしょう。

この作品の副題「ワイン・ダーク・シー」はホメロス叙事詩オデュッセイア」の中に形容辞「葡萄酒色の海」から取られています。しかしこの言葉の詳しい意味は不明だとか。(戦争によって血に染まった海、或いは古代ギリシャの葡萄酒は海の色だったとも、諸説あり。)

第1楽章「傲慢」は一応ソナタ形式。ファンファーレからのオデュッセウスの旅路の困難を描いた音楽になりマッキー得意の変拍子の応酬が白眉。そして第2楽章へつながる静寂のコーダ……。

第2楽章「儚い永遠の糸」はオデュッセウスを愛した海の女神、カリュプソ―の愛と悲しみの音楽。とても美しい、管楽アンサンブル屈指のアダージョではなかろうか。

第3楽章「魂の叫び」。導入は第2楽章からのエコー。そして再びオデュッセウスの苛烈な冒険の音楽。巨人と戦ったり、ゼウスの怒りにふれ船を沈められたり……最後に第1楽章の第1主題が再現される。

標題音楽であり各楽章にベースとなる物語はあるものの描写音楽ではなく、形式的な部分もある新古典的な音楽であります。神話題材の交響曲と言うとアッペルモントの「ギルガメッシュ」を思い出しますがこの曲は交響詩の延長といった方がしっくりきますね

近年では吹奏楽コンクールでもこの曲が演奏される機会が多いみたいですが時間の制約上カットは必然でなので、こういった各楽章に関連性のある曲はやはり全曲一気に聴きたいですね。

 

 

【今日の1枚】コープランド・コレクション オーケストラ・ワークス1948-1971

厳密には2枚組(笑) 

Copland: Orchestral Works (1948-1971)

Copland: Orchestral Works (1948-1971)

 

 The Copland Collection  Orchestra Works(1948-1971)

Disc 1

・映画組曲「赤い仔馬」①

・荘厳なる儀式のための序言(管弦楽版)②

管弦楽変奏曲②

・ダンス・パネル(1962年版)②

Disc 2

コノテーションズ(内包)③

・ダウン・ア・カントリー・レーン②

・大都会のための音楽②

・インスケープ③

・3つのラテン・アメリカン・スケッチ①

 

アーロン・コープランド指揮/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

アーロン・コープランド指揮/ロンドン交響楽団

レナード・バーンスタイン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

 

 

ブックオフの500円以下CD棚で見つけた面白い作品集。

20世紀アメリカを代表するの作曲家、アーロン・コープランドの1948年から1971年にかけて作曲された一連の管弦楽作品集。曲ごとに作曲者自身とバーンスタインの指揮で分かれています。

有名な三大バレエ(ビリー・ザ・キッド、ロデオ、アパラチアの春)や交響曲はこの時期には既に作曲済み、ポピュリストでなくモダニストの面が強く出た作品群となっています

しかし流石はコープランド、前衛手法を使ってもダイナミックで面白い音楽を書きます。

 

『赤い仔馬』は映画のために作曲されたこともあり三大バレエや『エル・サロン・メヒコ』のような大衆性を持っていますが、同じく映画音楽として作曲された『大都会のための音楽』ではその中にピリッと辛いエッセンスを感じます。「スカイリンク」、「夜の瞑想」、「サブウェイ・ジャム」、「橋へ進め」と描写的な題が掲げられた各楽章には前衛手法だけでなくジャズの要素や『静かな都市』風のアダージョと、コープランドの作曲技法の粋が詰まった密度の高い作品です。(作曲者以外にスラットキンが録音してるみたいですが廃盤……) 

Symphony 3 / Music for a Great City

Symphony 3 / Music for a Great City

 

管弦楽変奏曲』や『コノテーションズ』はガチガチの現代音楽ですがアメリカナイズされた前衛手法がダイナミックで面白い作品に仕上げられています。

しかし『3つのラテン・アメリカン・スケッチ』『ダウン・ア・カントリー・レーン(田舎の下り道?)』で聴きとれるカントリーな響きは三大バレエの面影もあり、コープランドの懐の深さが伺える面白い作品集でした。

 

そしてこの盤、音が良い。

録音されたのは1960年~ですが流石は初期ステレオ時代から名録音を残してきたアメリカ。大味なきらいはありますが、これらのダイナミックな作品群にピッタリな録音であります。

初心者のレコードプレーヤー備忘録 その2

レコードプレーヤーの購入を考え始めてから色々調べてみたことをまとめてます。

 

前回の記事はこちら。

kirin-capriccio.hatenablog.jp

 

この記事でコンパクトなアナログ再生スペースを画策していたのですが、どうやら上手くいかないことが発覚しました……。

 

そこで改めて、レコードの再生に必要なものをまとめてみたいと思います。

 

ターンテーブル

レコードを回転させるためのもの。盤によっては回転数を変更しなければいけないものも。基本は33回転ですが、45回転や78回転のものがあります

 

カートリッジ

いわゆるレコード針。これが最も再生に影響を及ぼすそうです。

これにはいくつか種類があり、主流なのはムービング・マグネット(MM)型とムービング・コイル(MC)型です。MM型は交換が容易で聴くジャンルに合わせてカートリッジを交換するという楽しみ方もできます。他にも非電磁式のものもあります。

また、針は針で交換ができるみたいですね。

 

ION Audio iPTUSB用交換針 PT01-RS PT01RS

ION Audio iPTUSB用交換針 PT01-RS PT01RS

 

 

DENON DL-103R MC型カートリッジ

DENON DL-103R MC型カートリッジ

 

  様々なメーカーが現在も製造しており値段はピンからキリまで。プレーヤーに合ったカートリッジを選びましょう。

 

 トーンアーム

カートリッジを取り付け、盤の溝に接着させて音をトレースさせるためのもの。

S字やJ字など様々な形状のアームがあり、針と盤の接地圧(針圧)を変更する機構を備えてるものもあります。

 

 フォノイコライザー

これはアナログレコードに刻まれた音情報を変換するものです。最近のレコードプレーヤーには標準で装備されてるものが多いのでそこまで気にするものではないかと思いますが、音が気に入らない場合は外部フォノイコライザーを利用するのも手ですね。 

audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3

audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3

 

 

 

ここまでは基本レコードプレーヤーに含まれているものです。下記は別途必要な装置となります。

 

 

 アンプ

こちらも音を増幅する装置です。フォノイコライザーで変換した音だけでは音量が足りないのでアンプで変更・増幅します。

音量を増幅するパワーアンプ(メインアンプ)、音調をコントロールするプリアンプ(コントロールアンプ)、両方を兼ね備えたプリメインアンプなどがあります。

 真空管アンプなんかは見た目にもおしゃれでガジェット好きにはたまりませんね(笑)

そのアナログな性質からレコードとの相性もいいみたい。 

 

只、プリアンプは前置増幅器とも呼ばれるように、これ単体では音量を増幅できず、パワーアンプを用いて視聴できる音量にしなければならないので注意が必要です。

 

 スピーカー・ヘッドホン

音を発生させる機器。これもまた星の数程種類があるのでお気に入りのものを使いましょう。 

ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II【国内正規品】

ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II【国内正規品】

 

 

 

と、ざっとこんな感じです。他にも細々したものがありますがとりあえずはこれだけ押さえておけば良いと思います。

 

これだけ見ても音に影響を及ぼす装置が多く、こだわりにこだわるとお金がいくらあっても足りないでしょう……。これがオーディオ沼と言われる所以かもしれません。

なので最初は拡張性の高いものを買ってそこから(予算の範囲内で)色々試してゆくのが良いと思います。

 

 

そこで、以前紹介したIONの一体型プレーヤー。 

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 

 こちらは本当に1台で完結するので初心者にはうってつけのプレーヤーと言えます。

しかしこちらはカートリッジがセラミックカートリッジと呼ばれるものが使われています。これは非電磁型のもので構造がシンプルな分拡張性に難があります。

 

このちらも以前紹介したもの。

audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

 

これはMM型なのでカートリッジの拡張性に問題はありませんが、これはアームの調整機構がありません。長く使うのであれば細かく調整できる機構があるのは強みかもしれません。

 

 

それらを踏まえて私が今回選んだのが下の機種です。 

TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH

TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH

 

 

DENON フルオートプレーヤーシステム プレミアムシルバー DP-300F-SP

DENON フルオートプレーヤーシステム プレミアムシルバー DP-300F-SP

 

以前のものに比べ価格は倍以上になってしまいますが、拡張性とメーカーの信頼性を考えたらこの辺りが初心者から一歩先までのレコード体験を満足させてくれるのではないかと考えております。

 

 

そう言えば、レコードオーディオに関して色々調べるために雑誌なんかも読んではみたのですが……雑誌に書かれている機器はどれもハイエンドな数十万単位という一体誰が買うのかと思うようなものばかりで全く参考になりませんでした……。

ハイエンドオーディオを趣味にしている人は機器のみならず音響が良くなるよう部屋をリフォームしたり、電気信号にまでこだわってマイ電柱を購入するような方々なので一般層が全然違うのだと痛感します。

 

私は私でシンプルにいい音を楽しむ方法を模索していきたいと思っております。

初心者のレコードプレーヤー備忘録

最近レコードに興味が出てきまして。

 

以前から興味はあったものの、レコードに詳しい知り合いが出来たこともあって更に拍車がかかってきた次第。こんな感じ↓の省視聴スペースを作りたいなーと考えてます(笑)

f:id:kirin-capriccio:20180511193141j:plain

現在CDの売り上げは落ち、ダウンロード販売(Youtubeや定額配信もありますね。)が大きな市場となった現代においてはなかなか酔狂な趣味とも言えます。何よりも再生のための手間がCDやデータとでは段違いのアナログさですからね。

 

しかし 最近レコードがリバイバルブームとなっているようです。

レコードは盤の溝に刻まれた針で音楽信号を読み取り、機器で増幅して再生するのでデータ音源とは違った聴感になります。そのアナログな音に魅了される人が増えているみたいです。

 

そしてクラシック音楽におけるレコードは宝庫で未だCD化されていない、レコードでしか聴くことのできない秘蔵音源が世界中に存在します。

特に私の好きなロシア・旧東側諸国にはマイナー音源が山のようにあるそうです。

 

旧ソ連時代から続くMelodiyaレーベルから以前は初CD化の音源が時折販売されてはいたものの、ここ最近は新録音に力を入れているらしく少々なりを潜めています。

(ボックスセットでの初CD化音源は時折登場していますがMelodiyaのセットは少々値が張ります……その分しっかりリマスタリングがなされているみたいですが。)

 

そこで待ちの姿勢から攻めへ、自ら未CD化音源の収集を始めたいと思うようになりどのプレイヤーがいいか色々調べてみました。

とは言え私もまだ素人なので初心者向けの紹介になると思いますので的外れだったりしたらご容赦ください……そしてご教授頂けたら幸いです。

 

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 

 まずはIONのスピーカー一体型。今一番売れているタイプだそうです。

 

木製のおしゃれなデザイン、1台で全て完結する機能性、値段も10000円以内なので初心者にはもってこいかもしれません。

只クラシックを聴く上では音質の面が気にかかるところ。外部出力が出来るので別にアンプとスピーカーを購入すれば大丈夫かもしれませんが一体型である意義がなくなってしまいますね。

一体型でないタイプはこちら↓。Bluetooth機能など、アナログとデジタルの機能が折衷された新しいプレーヤーです。

ION Audio レコードプレーヤー Bluetooth対応 USB端子 Air LP 天然木

ION Audio レコードプレーヤー Bluetooth対応 USB端子 Air LP 天然木

 

 

 

audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

 

 続いてはaudio-technicaのプレーヤー。ヘッドホンなどのオーディオ機器で有名なメーカーなので音質の面では安心なのではないかと思います。

こちらはスピーカーへの外部出力が必要です。

 

 

DENON アナログレコードプレーヤー フルオート エントリークラス ブラック DP-29F-K

DENON アナログレコードプレーヤー フルオート エントリークラス ブラック DP-29F-K

 

 そしてレコードも以前生産していたDENON製プレーヤー。

こちらも音質に関しては安心感があります。型が古いため安く買えるのもポイント。

こちらも外部スピーカーが必要です。

 

 

そして肝心のレコードですが、中古での購入がメインになると思います。

ディスクユニオンレコファンハードオフ、最近ではブックオフでも取り扱っている店舗があります。(私の知る限りは町田店くらいですが。)

また、ブームに合わせて需要が増えたのか、新品の復刻版がメーカーから販売されているのでタワーレコードHMVをからも購入ができます。

CDと同じ盤を購入して聴き比べるのもいいかもしれませんね。

 

それに合わせてレコードを収納するラックも調べてみました。1マス80枚近く入るそうです。

 

 

これらを揃えるとしたら大体20000~50000円くらいの予算で楽しいレコードライフが送れそうです。

 

とは言え、クラシックの場合はロックやジャズ以上にレンジの幅が広く再生機器の性能が問われるので上記の安い機器で本当に大丈夫なのか心配ではあります。しかしそこを突き詰め始めると際限のない沼であるのも確か(笑)

なので自分の耳で、良いものを見つけるのが一番なんです。そこに値段は関係ありませんからね。

 

レコード関連は随時調べて更新していこうかと思ってます。

 

マーラー:交響曲第2番(バーンスタイン/ロンドン響)を聴く。

復活。

 

ご無沙汰しております。

 

ブログの履歴によると193日振りの更新だそうです。半年以上放置してたんですね……(笑)。

 

精神的不自由を解消すべく始めた当ブログでしたが、そのスタンスが逆に枷になってしまっていたように思います。

「あわよくばブログで小銭稼ぎをしてやろうwww」なんてことを考えていたこともあって身の丈に合わない記事を書いたりもしていましたし。

私自身も書きながら、そして恐らく読んで頂けた方も首を傾げていたのではと思います。そんなワケで一時期筆を折っていました。

……まぁリアルが忙しかったってのもありますが……。

 

なので今後は更新頻度も含めてもっと自由闊達にやっていきたいと思います。

 

 

そんなこんなで復帰最初は「復活」ということで私のクラシック音楽の趣味から1枚チョイスいたしました。 

マーラー:交響曲第2番「復活」&なき子をしのぶ歌

マーラー:交響曲第2番「復活」&なき子をしのぶ歌

 

マーラー:交響曲第2番「復活」

レナード・バーンスタイン/ロンドン交響楽団の演奏。

 

指揮、作曲、ピアノと多方面で活躍したバーンスタイン

今年はバーンスタイン生誕100年のメモリアル・イヤーと言うこともあって、新録音や全集が販売されたり国内のオケでもバーンスタインに関わるプログラミングで公演を行ったりと賑わっております。

私自身、5月26日にみなとみらいホールでやる井上道義/神奈川フィルハーモニーの記念公演に行く予定であります(笑)

 

 

バーンスタインの「復活」は私の知る限りでは新旧の全集とこの1枚の3種類。(他にもあった教えてください。)

ニューヨーク・フィルの常任を退き世界中のオケを振るようになった時期の演奏です。

 

この演奏の特色は何といってもその熱気でしょう。

バーンスタインマーラーは陶酔型と呼ばれるように音楽にバーンスタイン自身を投影したかなり自己主張の強い演奏であるわけですが、このロンドン響との演奏がそれに関してピカイチに思われます。

 

こちらの音源、映像も同時期に撮られており当時のバーンスタインの指揮ぶりが見られたりします。

その映像がこちら。

画質は古いですがバーンスタインの熱い指揮が見られます。百聞は一見、一聴にしかずです。 

 

 

終楽章のクライマックス……投影どころか音楽と同化しているといっても過言ではありませんね。正に入魂。

バーンスタインマーラーの音楽に対するスタンスを体現してる演奏と言えるでしょう。

 

 

バーンスタインマーラー演奏に興味がありましたら、アマゾン・プライム・ミュージックでDGに録音した全集が聴けるので以前の記事をご参照ください。

 

kirin-capriccio.hatenablog.jp